Segwit2xと シュタインズゲート(STEINS;GATE)の選択

e4a20e20-s.jpg

基軸通貨と シュタインズゲート(STEINS;GATE)の選択

こんにちわぐー!
ビットコねこです!(ΦωΦ)ノ

現状、このビットコイン家のしょんない喧嘩に、誰が勝つのかわかりませんが
最終的な勝者は ビットコインキャッシュになるだろう という個人的な予想を書きます。

※最終的とは数年後まで含んでおります(^_^;)
※今回の11月15日(仮)のSegwit2xで BTCが下落 BCHが急騰してという短期的な予想ではありませんのであしからず


おそらく(個人的)
  ・11月15日のSegwit2xは実施されるが 失敗
  ・B2Xは 付与したりされなかったり さほどの価値を持たないで 数日のうちに数分の1の価値に下がる
  ・BTCは 5000$ぐらいまで 下げるかもしれないが 下落1週間程度で 分割前相場まで復帰
  ・BCHは分割前 1000$ぐらいまで上がるかもしれないが  元500$程度まで戻す

簡単にゆうと何も起きない
前と一緒 ゴールドと一緒

多少の揺らぎは収束させるように 市場が勝手に選択させるように動く

あ、なにも起きないわけじゃないですね
アルトコインのライフが吸い取られただけ という事実が残ると思います。

今回のように
基軸通貨ビットコインの分割騒ぎがおこるたびに
 

 ① 分割があるらしい!(・∀・)
 ② 「またアルトコイン下がるじゃん (ヽ´ω`) 」という学習をした人たちが いったんアルトから撤退
 ③ 分割すると 分割コインがただで貰えるのビットコインを買う
 ④ 結局 ビットコイン本流BTC の流れは変わらず
分割コインは即刻売却してビットコイン買い増し(アルトには流れない)

 ⑤ ビットだけ上昇
 ⑥ アルトコインは下がったまま_| ̄|○


また①に戻る 以降ループ(;・∀・)

が繰り返されると思います。
この1年でもう 2回この経験をしている仮想通貨民は
もし今回のSegwit2xでも何も起こらなければ
いよいよ「どうせ何も起こらないし」「どうせそんなに市場に不都合なことは起こらない」と正常性バイアスの思考になると思います。

正常性バイアス認知バイアス による結果はよく「誤った判断で 失敗する 」「危険にさらされる」 ということで語られますが
仮想通貨界は 火災のような 化学現象&物理法則で結果が決まるところではありませんので
あながち正常性バイアスが失敗思考ということにはなりません

むしろ その正常性バイアスの思考であっても 大多数を占めることで それが懸案事象の結果を決定することにつながるという事です。

もっと簡単にゆうと
市場 ホルダー がビットコインBTC を支持すればマイナーの動向やNYAの協定や コイン自体の性能優位性なんかはさておき BTCメインストリームの流れは変わらないという事です。

マイナーだって多額の投資をして 一生懸命仕事して生計たててるんだし
いくらSegwit2x支持してても 市場を混乱させ自らマイニングで生み出す物の価値を暴落させ採算性を悪化する自体にしてまで、B2X号という泥舟には乗らないということです。

※Segwit2xは泥舟といい切ってしまいましたが
ああそうですとも B2X自体のできはクソでそれ自体に異論を唱える人はいないでしょうよ

Segwit2xの出来がまともだったら結果は変わったかもしれませんが
じゃあビットコインキャッシュはどうだったかっていうと、
BCHはビックブロック対応リプレ対応で出来がまともだったにも関わらず変わらなかったのですよ?
市場がBTCだめだな 他の性能の良いのにしなくちゃ って思うか
実際のビジネスの場面で 弊害が発生してくるか等の 外的要因 外的圧力がないと 基軸通貨の世代交代はないと思います。

2017年現時点では
・ビットコインなんて実生活で無くてはならないほど使われてもないし 実害も起こってない 
・市場も大暴落を望んでない
・加えて市場は プチ暴落程度であれば
ある程度の揺らぎはすべて同じ未来に収束してしまう現象が起こる。


つまり、どんな分裂騒動を起こしても結局BTCという 結果が定められてしまいそこから逃れることはできない。
元の世界線の収束させるように無意識に買い支えるわけですよ
そう、僕達が 世界中の正常性を感じている人たちがね

まさにシュタインズゲート(STEINS;GATE)の選択ですよ

おそらくビットコインの代変わりは 分岐でおこるのではなく
既に過去にBTCから分岐した 通貨が ある程度の期間を経て価値形成され
※価値形成される要因は様々ですが(決済が早い 拡張性がある 対応インフラが広まる キャラが可愛いゾナー) いろいろあるでしょう
結果 2つ目の基軸通貨になり またそれも時間をへて メインの通貨が BTCから 次のものに変わるという段階を経るのだと思っています。そうゆう段階で初めて通貨の「性能」が関わってくる

おそらく今回のSegwit2xでも BCHは いくらか底は上がれども下克上するまではいかないでしょう
ただ今後も 幾度となく繰り返されるであろう ビットコインの分裂騒ぎのたびに
BCHがフューチャーされ 価格も上がり マイナーも増え そういった成長をへて価値形成されて行くはずです。


仮想通貨が実社会決済で急速に普及 使用される自体は 1年2年後にはやってくるはずで
その頃には BTC決済以外にも LSK決済や NEM決済も BCH決済も対応しているはず

そうゆう経済社会になればBTCのブロックサイズでは到底現実的な処理はできませんので 
そこで初めて BTCが基軸通貨から変わるという事象が おこると思います。

それが BCHである保証は何もないですし
代替わりするならいっそのこと別の通貨 LITEでもARKでも良いのですが
これも正常性バイアスと似た思考として 
BTCの代わりは BTCのいとこで上位互換のものとすべきであろうしそうなるべきだという収束が図られる
と思っています

それが何年後なのかはわからないけど

■アルトコインの淘汰
アルトコインの選別
今これから先幾度となく ビットコインの分裂騒ぎがおこるたびに
アルトコインはいわれのない価格下落を受けるでしょう
※本質的には アルトコインの開発が滞る 性能が云々 、他社提携や上場の云々の話には関わりなく
上位何個かの実力のあるコイン以外は早晩消えていくと思います。

上位のアルトコインであっても 実社会で使用されるという裏付けのないコイン
仮想通貨のトレードでしか存在価値が評価される場がないコインは
その場での値付け 人気が全てですので
分裂騒ぎ→下落→(実装の計画や、上場計画、提携発表があるのに)価格がもとに戻らない という流れに辟易した 
仮想通貨民は離れていき 終りを迎えると思います


ここまで書いて
そう思っててもまだ手元にあるLSKは売却してません
おそらく11月15日にかけ 450円台とか行くと思います

SDKでても 大して上昇しないと思います
そうゆう ホルダーが一斉に諦めるときは 多分同時にやってきます
その時は怖いですけど LSKのような 博打物に手を出した結果なので 伸るか反るかは運に任せようと思います。(^_^;)


しょうもない個人的なメモはこれで終わりです。
ここまでお読み頂きましてありがとうございました!


仮想通貨初心者がアルトコインを探すなら、まずは下の取引所から
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

技術力/将来性の高い NEM MONA通貨が欲しいなら
国産コイン モナーや NEMを始めるなら断然オトクな Zaif 高セキュリティで安全

板でアルトコインを買うならここ!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply