LISKの上手な使い方 

ETH.png
こんにちわ!
ビットコネコです! (ΦωΦ)ノシ

今回も!リスクのポジトークです。
現在相場全体が賑やかになっていますが、LISKだけは 先に高騰してたので 今回も900円をダラダラしています

なんで皆LISK買わないかなぁ(´・ω・`)
BTCいくら先物始まっても 年末までに 200万にはならないけど
LISK 12月は 期待あげで 1300-1500円は行くと思うので 運用するなら絶対こっちがおすすめなんだけどね
いまの900円台は 買いの一択なのですよ(酸っぱく) (ただし 1月2月はまた低迷すると思うけど)

■LISKは 2018年のETHとなれるか?

さてさて本題
ビットコインのハードフォークも良いですが、逆に考えると今は将来性が在るアルトコインの買い増しのタイミングです。

将来性が在るアルトコインの代表選手は
NEM
MONA
LISK あたりになるかと思います
※ 既に1,000円以上の価格になっている通貨は 独断で意図的に恣意的に除いております。
排除の論理です!(`・ω・´)ゞ

そんな中今回はLISKについて推しで説明します!


①LISKのチャートは 2017年の ETHを彷彿とさせる




②実は発行枚数に大きな制約があり希少性を持っている通貨である




③  ベルリンMEETUPで 2018年のロードマップが 整備され具体性が向上

Lisk ベルリンミートアップまとめ
12月に実施されること
・Lisk CORE 1.0は予定通り年内リリース
・中国取引所Binance上場
・SDK ALPHA(開発者用ツールのテスト版)リリース

2018年1月以降で実施されること

・2018年 2/20にリブランディング
・2018年 4月 SDK(開発者用ツール)配布
・2018年 4~6月 Mobile and Desktop Appリリース
・Decentralized Exchange 分散型取引所 2018年7月リリース

これをいってはモコモコもないのですが 仮想通貨相場で重要なのは

・CORE1.0すごい! これこそ 本来のLiskの姿!なんでもできる(・∀・) 
・SDK ALPHA(開発者用ツールのテスト版) これすごい!一気に認知と活用分野が広がる!(・∀・)

って技術的なことではなくて
おお、なんか凄い事っぽいから相場上がるんじゃね? という期待を持つ人が多いだろうなということ
儲けようと買う人が多いだろうな ということです。


※おそらく Liskを買おうとする人 Liskを購入した人で CORE1.0でどういったブレイクスルーがされるのか? SDK がなんの略称か? ディベロッパキットを使いこなせる人か? 技術資料を翻訳したり 理解しようと行動している人は殆どいらっしゃらないわけですし(汗) 私もさっぱりわかりません

そういった
・わかりやすいスケジュールの提示
・比較してまだ入手しやすい価格
・国内取扱所で購入できる安心感でまだ伸びしろが大きい

という要素を考慮すると Liskの価格を高騰させるような材料はは2017年末から2018年にかけては揃っている状況です。




④ リスクの現状の価格 形成に 北米の資本はあまりはいってない

リスクの 国別のシェアを簡単に言うと
韓国、日本 アジア圏 と ドイツ他ユーロ圏が中心で
北米 アメリカのシェアは大きくありません

別の言い方をすると アメリカ 北米の資金がLiskに対して興味を示すと簡単に数倍 数十倍の価格帯に代わる可能性があります。

⑤国内及び韓国他 世界各国の上場ラッシュ

これは思いの外に効果的で
普通に考えれば『Lisk買いたい人たちは海外取扱所に登録して買うでしょ?』と思いがちですが
実際には自国の取扱所や自分が利用している仮想通貨取扱所に上場して初めて 購入する人がほとんどです。
日本国内ではコインチェックのみ取り扱っていますが これがコインチェックが金融庁の認可を受け 問題ないとなった段階で各取扱所 おそらく最初はBitflyer辺りがLiskの交換所を始めるのではと推測しています。

その時はイナゴの効果で価格が上場し イナゴの残骸で下値層の押上されより高い価格帯1,300から1,500を狙うところで推移していくと思います。


■Liskを愛する必要はない

LISKは変動幅の大きい通貨なので それをうまく利用するほうが賢いと思います
Liskを愛して保有し続ける必要はありません
LISKは将来にかけてずっと持っておきたいと思う人でも 少しでも高値で売って 下がったところで買い増せば  保有通貨量は増えるわけですし、LISKを持ってないことへの恐怖があるのもわかりますが(汗)リスクってわりと熱しやすく冷めやすいので すぐに買いやすい価格までは戻ります

よくいわれる格言のようなあれに
『通貨そのものに思いいれをしすぎると より良い利益のタイミングを逃す』

Liskも 上昇のタイミングと ネタ切れで 一斉に他の通貨に鞍替えされるタイミングがあります

目的の利益や想像していた価格帯に達したときはさっぱりと売って別の通貨に乗り換え

また Liskのターンが来たときにはLiskに戻るという持ち方が 今のLiskという通貨にはあっています
Liskは2,3,4倍以上に上がるときはあっさり上がりますが 下がるときは 元値の1.5倍までのところまであっさり下がります!そういう成長期の通貨です。

ただまあ現状の期待はわかりやすくて

・現在の 900円台は間違いなく買い ※一時的に800前半まで落ちるようなら 嫁さんいなくても質に入れて買う!

・12月 の ・Lisk CORE 1.0 ・SDK ALPHA(開発者用ツールのテスト版)発表 まで持っておく
・ スカイツリー形成されたら さっさと売る 最高値を目指さない 途中で下山する!

これでHF祭りよりもよほど効率的に良いお正月が迎えられるかと思います
でもって 1月ほとぼりが冷めて また1000円前後まで下がったリスクを買います

これあくまでも個人的なプランなので人にはおすすめしませんけど(*°∀°)=3


現時点でLISKを購入するにはコインチェック一択です
国内で別取扱所でLISKを扱い始めると おそらく急騰します。

国内最大の取扱所(ただし今のところ未認可(汗))
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



もしLISK扱い始めると 板で取扱できる可能性もあり!
NEM MONAなど日本人の古参が多いのは底が異常に固くタワーも崩れ強いのでおすすめ

国産コイン モナーや NEMを始めるなら断然オトクな Zaif 高セキュリティで安全


LISKがBitflyerで扱い始められると最初が勝負!
先に口座を作っておきましょう!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

でわでわ(*°∀°)=3
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply