⑥Coincheckで継続審査となった理由は匿名性の高い通貨「DASH」「Monero」「Zcash」が要因なのかな?

こんにちは
ビットコねこです!

Coincheckが 9/29日発表の 金融庁
仮想通貨登録業者登録一覧

仮想通貨登録業者登録一覧2

http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

から漏れてるのが話題になってますので少し調べました (・∀・)ノシ


■扱える仮想通貨にも規制される可能性

2017年4月から改正資金決済法で取引所は登録制になり、
猶予期間以降の10月以降は登録事業者以外は仮想通貨交換業を行うことができなくなるわけですが 

登録事業者そのものの審査以外にも
扱える仮想通貨にも規制が入ります。

仮想通貨として相応しいリスト「ホワイトリスト」とは?

■ホワイトリストの目的
ホワイトリストは利用者を保護するためが目的です。
仮想通貨は1,000種類以上あり、中にはというかその多くが詐欺が疑われる通貨の可能性があります

金融庁がこうした仮想通貨の全てを審査やチェックするのは当然難しいですよね
なのである程度種類をり込んで上で精査していく方針のようです。
それがホワイトリスト 

■匿名通貨が嫌われたのかな?

今回Coincheckがリストに掲載されずに継続審査の対象となった背景には
取り扱っているアルコトインの種類の多さと
日本の取扱書で唯一 DASH、Monero、Zcashの匿名性の高い通貨を取り扱っていることが関係していると思います。

金融庁は当然資金の流れを把握して 
犯罪性のある行為 
マネーロンダリングなどを厳しく取り締まる必要がありますが

DASH、Monero、Zcashはその把握を極めて難しいものにしてしまいます。 
そのため慎重に審査していることが伺われます。

■コインチェックの取扱銘柄から一時的に DASH、Monero、Zcashが外れる可能性は?

可能性は少ないですけれど、ゼロではないと思います
原則として許可されない種類の仮想通貨を取り扱う業者の認可は下りないでしょうから

認可を優先すれば コインチェックとしては 取扱銘柄を整理する可能性はあります。
※もしくは リストから外れるけど 潜りとして取扱は継続するとかもあるのかな?

ただホワイトリストに入らない種類の仮想通貨が違法というわけではなく、
あくまでも金融庁の仮想通貨交換業者登録一覧にある取引所で扱えなくなるだけなので

他の海外取扱所の
BITTREXやPOLOなどに送金して 売買したり保有したりする分には問題ないので
さほど慌てることはないと思います!

ただし長期的に考えると日本国内で取り扱われない通貨となると
国内の動勢に応じて 暴騰や暴落をしたりなどあまり(日本国民にとっては)わかりやすい動きをしなくなる可能性があるかなと思いまっす。

ちなみに私はコインチェック一択で

しかもLSK一択のホルダーなので

今冷や汗をかいております

ねこなのに(汗)
仮想通貨初心者がアルトコインを探すなら、まずは下の取引所から
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

技術力/将来性の高い NEM MONA通貨が欲しいなら
国産コイン モナーや NEMを始めるなら断然オトクな Zaif 高セキュリティで安全

成海璃子が大好きなあなたには
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


スポンサーリンク

Comments 0

Leave a reply